売買値段の単位(呼値=よびね)

新聞で株式の分析をする時に気になるのが呼値という言葉です。呼値とは注文する時の値段の刻みのことです。その銘柄の値段の範囲によってその単位は決められています。その単位は通常の銘柄とTOPIX100構成銘柄毎に定められています。3000円以下は通常銘柄とTOPIX100銘柄両方とも一円単位となっています。
一株の値段が3000円超5000円以下は通常の銘柄が5円単位、TOPIX構成銘柄が1円単位となっています。5000円超10000円以下は通常の銘柄が10円単位、TOPIX構成銘柄が1円単位となっています。東京証券取引所および名古屋証券取引所に上場するTOPIX100構成銘柄の3000円超の値段の単位は通常の銘柄よりも小さくなっています。これはTOPIX100構成銘柄は売買代金が大きいので細かい値段付けが必要とされているからです。この単位の縮小に対するニーズは高まっていますので流動性が高い銘柄についてはこの単位は縮小される傾向にあります。売買値段が細かく付けば売買する側はそれだけリスクの回避もしやすいですし注文も細かくすることができますのでとても便利なのです。この値段の縮小にはコンピューターシステムの発展も関係しています。
ビジネス09

Comments are closed.