いろいろな経営指標

企業の事業成績を表す「経営指標」には様々なものがあります。 まず、売上に関しては、「売上高利益率」があります。 これは、利益÷売上高で表されます。 この利益率が高いほど、その企業は効率よく稼いでいることになります。

この代表的な指標が「売上高営業利益率」です。 営業利益は、売上から原材料などの売上原価を差し引き、ここから営業関係の経費などを差し引いた残りの利益です。 この営業利益が、本業で儲けた力を表すのです。 売上高営業利益率が高ければ、その企業は本業でしっかりと稼いでいることが分かります。

次に、企業の健全性を表す指標の代表が、「自己資本比率」です。 これは、自己資本÷総資産で表されます。 自己資本は、株式発行を通じて投資家から調達したお金であり、返済は不要のものです。 そのため、この自己資本比率が高いほど、企業が調達したお金に占める借入金の比率が低いことを示します。 借入が多いと金利負担も増えるため、企業の収益を圧迫するのです。 つまり、この自己資本比率が高い企業は、借入金が少ないことを示し、健全性が高いのです。

こうした指標には、それぞれの業界の平均値があります。 その企業の指標と業界の平均値を比較することで、その企業がどれだけ儲け方がうまいか、どれだけ健全性が高いかが分かるのです。
ビジネス01

Comments are closed.