ROE

ROEとは株主資本利益率のことであり、利益という名の通りにその会社の収益を測るための指標です。いわゆる株主が投資した資金により、会社にどれくらい利益が出たのかを表すものとなっています。これで分かることはその会社の経営手腕です。基本的にこの値が高ければ株主が投資した資金を上手に利用して利益を上げているということになります。逆にもし低い場合にはその資本が上手く使えておらず、投資する対象として疑問が出てくる会社となってしまいます。なので数値として会社の経営がどのようになっているかを見て、今後投資をするかどうかの判断をすることができるようになります。ただ、だからといって高ければいいというわけではありません。確かに高いほど利益を出せており、株主の利益も見込める会社であると考えるのは普通ですが、会社では資本には負債、ようするに借金も含まれているということがあります。なので負債の方が多くてもこの数値は高くなってしまいます。もし負債の方が大きければ例え数値が高くてもまず経営手腕としては疑問が出るものです。なので単純に数値だけを見るのではなく、数値が高くて尚且つ負債の割合が資本より少ない会社を探すようにしましょう。
ビジネス04

Comments are closed.