自己資本比率

会社情報を調べる時、よく耳にする言葉として自己資本比率があります。これは総資産における自己資本の割合のことを指し、企業の安全性を示す指標です。つまり会社の運営状況を判断する際に自己の資本比率が会社の資金の出所の中で、どの程度なのかを把握し資本比率が低いと借金の利息が収益を圧迫したり、借金の返済不能などを引き起こすリスクが大きくなりと言えます。自己の資本比率は一般的に30%以上が健全とされていますが、逆に高すぎると良い訳でもありません。つまり自己の資本に対する利益率が悪化するため、事業の活性化に繋がらないという考え方も出来るからです。また、比率が高いということは、銀行などが貸し渋りをしており、ハイリスク覚悟の投資家から集めたお金の比率が高いという考え方もできるので必ずしも安全性が高いとはならないということを覚えておく必要があります。とはいえ、大企業や業績が伸びている企業の中でも株式投資の判断となるのはこの資本比率が高いか低いかである要素も大きいため失敗しないためにはその他の企業情報、新製品や新たなサービス、その業界のニュースなどに常に注目しあらゆる面から企業を分析してから投資することが大切です。

 ビジネス05

Comments are closed.